Menu
Close

クラウド会計ソフトfreee会計の導入事例

最終更新日: 2021/12/01

人材サービス 301名-1,000名

バックオフィス 会計ソフト

財務・経理・総務 業務を効率化したい

ホールディングス化前に導入したfreeeがもたらした、早期決算の現実化とグループ全社の業務省力化

※出典:ホールディングス化前に導入したfreeeがもたらした、早期決算の現実化とグループ全社の業務省力化

この事例のポイント

  • 会社の急成長によってひっ迫した経理体制を刷新し、決算遅れの常態化改善を図りたい
  • 「freee」を導入、決算早期化や業務効率化・省力化、統制面の強化を図った
  • ワークフローも会計も完全にクラウド化され、時間や場所に縛られないようになった
  • 決算を適切に締められる体制が構築され、常態化していた締めの遅れが改善された
  • 会計システム・経費精算・ワークフローが一体となり、業務全体が効率化された

今回導入した製品

会計ソフト

クラウド会計ソフトfreee会計

freee株式会社

freee株式会社のクラウド会計ソフトfreee会計はクラウド会計ソフトでシェアNo.1を誇っており、7,900以上の会計事務所がfreeeアドバイザーが存在するため初心者にも安心のソフトです。また、銀行、クレジットカードなどの外部サービス連携は4,000種以上。サポート担当者による電話相談やチャット、無料のオンラインセミナーなどサポートも手厚く、数ある会計ソフトの中でもメジャーなソフトであることの利点が随所にあります。

  • クラウド会計ソフトのシェア率が国内No.1で手厚いサポート体制
  • 経営レポートを自動作成、リアルタイムな意思決定が可能に
  • データ取込と転記・仕訳の自動化によって経理業務を効率化
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 伝票入力 帳簿作成 経営分析 予実管理 決算書作成 データ連携 自動取込 自動仕訳機能 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信 不動産 人材サービス
よく導入している企業の規模
51名-100名 101名-300名 301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

導入した製品のカテゴリ

会計ソフト

会計ソフトとは簡単にいうとお金の動きを管理・集計できるソフトです。主に会計担当や経理担当、財務担当の業務を自動化・サポートし、業務の効率化が実現します。現代ではテレワーク化が進み、従業員と経理が顔を合わせないことも多く、紙書類の扱いも難しくなったため会計のクラウド化に拍車がかかっています。

近年の会計ソフトは今までの「紙とペンと電卓を使う計算」を自動化するような単純なものでなく不随する機能が多くあり、種類や製品ごとの違いが分かりづらいという特徴があります。

この製品を導入した他の事例

同じ課題を抱えていた他の事例

この事例で導入した製品

クラウド会計ソフトfreee会計

freee株式会社

  • クラウド会計ソフトのシェア率が国内No.1で手厚いサポート体制
  • 経営レポートを自動作成、リアルタイムな意思決定が可能に
  • データ取込と転記・仕訳の自動化によって経理業務を効率化

※この情報はデジタル化の窓口が作成したものであり、製品提供企業及び導入企業が確認したものではございません。(掲載修正・取り下げ依頼はコチラ

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る