Menu
Close

最終更新日:2022/09/06

CRMとは?意味・目的・機能・導入メリットなどを徹底解説!

みなさんは、CRMをご存知でしょうか。言葉は聞いたことがあっても、その本質を理解している人は少ないのではないでしょうか。CRMとは、「顧客関係マネジメント」と翻訳されます。企業と顧客との間で良好な関係性を構築および維持しつつ、中長期的な観点によって関係性をより一層深めていく手法のことなのです。会社の事業運営にあたり、顧客情報とは極めて重要なファクターです。

また、各担当者ごとに顧客に対する情報を持っていると、会社内において横断的にそれらの情報を管理する必要があるのです。そのため、会社内において顧客情報を集約して管理することが極めて重要であるといえます。顧客情報にはさまざまな内容が網羅されており、それらを適切にカテゴライズして管理することで会社にとって更なる利益をもたらすことができるでしょう。

さらに、顧客情報とは集約するだけでは真の価値を発揮しません。顧客情報から得られたあらゆる情報を分析および解析することで、マーケティング手法の改善など経営戦略に有用性を発揮することができるのです。

このように、CRMを正しく理解することで会社における事業運営方針にも深く関連付けることができるでしょう。

本記事では、このような背景を踏まえて、CRMの概念・管理できる機能・メリット及びデメリットなどについて詳しく解説します。

CRMとは「顧客関係マネジメント」

CRMの歴史とは、意外にもそれほど深いものではありません。CRMが初めてこの世に発出されたのは1990年代であり、アメリカで誕生しました。

当時はまだまだ開発途上であったこともあり、会社内で管理している顧客情報と電話でサポートを行った履歴を関連付けて活用するところからスタートしました。開始当初は情報を可視化することがメインでしたが、時代の流れとともに活用方法がさまざまな顧客ニーズに対応するために活用されるようになったのです。

具体的には、顧客の要望がどのようなものかを意識して、製品開発・販売促進・カスタマーサポートなどにどのように役立てることができるのか分析するようになったのです。そのため、これらの活用方法による概念は「顧客中心主義」への第一歩であったとも言えます。

一方、日本国内においては昔からビジネスシーンにおいて顧客ニーズを意識した製品開発・販売促進は当然のように行われていました。

また、顧客とのコミュニケーションの大切さも理解されていましたので、CRMの概念はそれほど画期的な手法であったわけではなかったのです。

しかし、ここ近年においてはこれまでの当たり前が当たり前ではなくなってきたのです。昨今においては、ITの領域は日進月歩であり日々進化し続けています。日本政府の動きとしても、2021年9月にはデジタル庁が発足されるなど、IoTの推進に力を入れています。

そのようなIT技術の進歩が顕著に伺えたのが2000年頃からです。この頃からインターネットの普及が爆発的に進みはじめ、今となってはスマホの普及率は相当数に達しています。これらを背景として、顧客の購買行動変化が発生したことからビジネスモデルについてもそれらに追随して変革させる必要に迫られたのです。

インターネットの普及とは、情報の奔流が私たちに訪れるということです。従来であれば、雑誌・書籍・テレビなどのマスメディアから情報発信を受けて情報収集するスタイルでした。

しかし、インターネットの普及に伴って顧客が得ることのできる自用法量は膨大な数となりました。そのため、顧客が欲する情報を好き時に好きなだけ入手できる時代となったのです。時代の変化に伴い、これまで有効的であった大量生産およびマスマーケティングに伴う効果は希薄となりました。これは、顧客ニーズおよび購買行動が多様化したことに伴い、これまでのビジネス手法が手供養できなくなったと言える現象だったのです。

上述したように、顧客が享受できる情報の流れが大きく変化したことに伴い、現代のビジネスにおいてはCRMを経営戦略に取り込んで顧客ニーズに適切に対応しなければならなくなったのです。

CRMの効果を最大限に活用し、顧客全体ではなく顧客個体に対してもニーズを適切に汲み取ることで、購買行動を把握して最適なマーケティング活動が可能となるのです。

このように、CRMとは顧客関係マネジメントを適切に行うことで会社にとって大きな成功要因を確立することができるでしょう。

CRMの意味は「顧客と長期的かつ関係性を深める」こと

上述したように、CRMとは顧客関係管理のことです。顧客関係管理をもう少し詳しく解説すると、企業と顧客との関係性を管理するものであると言えます。広義では、顧客との良好な関係性を構築して長期的かつ関係性を深めることなのです。

また、顧客との良好な関係性は一過性のものではなく、長期的に継続維持していかなければなりませんので、それらを維持するための施策も必要となります。CRMとは、上述した内容を現実化させるためのツールおよびシステムであると言えるでしょう。

CRMの目的は「売上・利益を最大化する」こと

CRMを導入するにあたり、重要なのは目的を明確化することです。そのため、目的が明確化されていない状況で会社にCRMを導入したとしても最大限の効果は発揮できるとは言えません。

これまでのビジネス形態では、顧客に対して営業が個々に担当を持っていました。各担当において顧客とのやり取りの中で、顧客のニーズに応じた適切な対応およびサービス提供などを行っていたのです。

しかし、日本全体の動向を改めて認識すると、日本の総人口は将来的に減ることが政府より公式発表されています。現役世代の労働者に置き換えると、団塊の世代が大量に退職することで第一線で活躍する人材は減少傾向にあります。それは、マクロな視点に立つと日本の国力低下にも直結している由々しき事態と言えるのです。労働者人口が減少傾向にあるということは、会社において人材(人財)が確保できないということです。

これまでは、会社内における担当者数がある程度確保できていたからこそ仕事が回っていたところ、担当者数が減少するため一人当たりの仕事量は増加して最悪のケースでは担当部署が仕事を処理しきれず崩壊します。このように、今後においては限られたマンパワーを最大限にフル活用していかなければならないのです。

そのためには、ITを含めた新たな技術を会社内に取り入れて柔軟に時代の変化に対応できるような仕事のやり方が求められているのです。

上述した問題を解決するためには、CRMの導入が極めて有用的です。CRMの目的とは、売上および利益を最大化することです。CRMを導入することの目的をしっかりと把握して、経営戦略に組み込むことが重要であると言えるでしょう。

CRMの主な機能

CMRとは、顧客関係マネジメントであり顧客と長期的かつ関係性を深めることで、売上および利益を最大化することを目的としています。それらの目的を達成させるために、CRMにはさまざまな機能が搭載されているのです。ここからは、CRMに搭載されている代表的な機能について詳しく解説します。

 

  • 顧客管理
  • 顧客分析
  • マーケティング支援
  • CRMツールその他の機能

顧客管理

CRMの最も基礎的な情報となる、顧客の様々な情報管理です。具体的には、顧客氏名・年齢・性別といった基本情報によって構成されます。それら基本情報に付帯させる情報として、購入日・購買金額購買履歴情報・購買実績などを商品ごとにカテゴライズして行きます。これらの情報を適切に管理することで、経営戦略の検討に活かすことができ、最適なマーケティングプランの構築へとつながります。

顧客分析

顧客分析においても、すべて人の手で行っていては作業量が膨大となってしまうことから、担当者の負担増となってしまいます。そのため、顧客情報をベースとした分析サポートが行える機能が搭載されているのです。システムを利用した顧客分析サポートであることから、その精度は非常に高く、迅速性をもって担当者をサポートしてくれます。

これらを活用することで、最適なタイミングで適切な判断が行えるようになるのです。なお、分析結果は可視化して出力することで新たな気づきにもつながりますので、レポート作成ができる機能も搭載されているものの方が良いでしょう。

マーケティング支援

CRMによって売上および利益を最大化するためには、適切なマーケティングを行うことが必要不可欠です。そのためには、シナリオメール・スコアリングなどのマーケティング機能を統合することが極めて重要であると言えるのです。潜在的に自社製品やサービスなどを購入してくれそうな見込み客を見極め、最適なアプローチをすることで売り上げを伸ばすこともできるでしょう。

また、潜在的な購買意欲を上手に刺激することで、顧客の育成に繋がるのです。さらに、既に自社製品やサービスなどを購入してくれている顧客に対しても、マーケティング支援を活用することで良好な関係性の維持が期待できるでしょう。

CRMツールその他の機能

CRMを導入するための主たる機能は、上述したとおりです。しかし、CRMに搭載されている機能とはそれだけに留まらず、その他の機能も多彩に搭載されています。ここからは、その他機能について詳しく解説します。

会員管理

会員情報について、一括集約して管理できる機能です。昨今では、大企業においても情報漏えいが報道発表されており、より一層高いレベルでの個人情報管理が求められています。

また、個人情報などの情報漏えいが発生してしまうと、世間による企業の信頼度は失墜します。そのため、新規顧客はもとより既存顧客においても離れて行ってしまうため企業は非常に大きなダメージを負うこととなるのです。

それらの観点もあり、情報管理のセキュリティ対策および担当者の情報管理の高い意識とは極めて重要であることが伺えます。会員管理を一括集約した管理機能とは、このように個人情報などの情報漏えいに伴うリスクヘッジの観点から搭載されているものを選択すべきであると言えるでしょう。

メール管理

予め設定したセグメントに合わせて、メールの一斉送信が可能となります。セグメントメールとは、「抽出配信」とも称されているメールの送信手法の1つです。これは、配信リストなどを用いて対象とする顧客を条件によって絞り込み(ターゲティング)メールを送信するといったメールマーケティング手法として認知されています。

事例を挙げると、20代女性のみ・1年以内の購入者のみといったメールを配信するターゲットを細かく設定してメール送信することが可能となるのです。メールを送信する対象者を限定することで、メール受信者が求めているニーズに適合した内容のメールを効果的に送信することができるのです。

なお、セグメント機能を使用してメール送信するためには、顧客情報を適切にカテゴライズしておく必要がありますので、それら基本情報をしっかりと把握するようにしましょう。

また、セグメントによってグループ分けせずとも、顧客個別の状況に合わせて個人あてにメールを配信することも可能です。

お問い合わせ管理

企業から提供している製品やサービスに対して、顧客から問い合わせがあることは珍しくありません。そのため、どのような問い合わせが寄せられたのか、適切に管理する必要があるのです。

問い合わせ履歴を適切に管理することで、未対応となってしまうことや二重対応となってしまうことを未然に防ぐことができます。なお、問い合わせの中には苦情に近い意見も寄せられることもあるでしょう。

しかし、苦情とは言いかえると顧客の要望でもあるのです。これらの情報を適切に管理することで、経営戦略を構築する際の大きな判断要素ともなり更なる売上アップや利益を最大化することが期待できるでしょう。

アンケート実施

CRMの機能を使用して、さまざまなアンケートを実施することができます。顧客からのアンケート回答は、まさに顧客の生の声であることから企業としては細心の注意を払って耳を傾けることが重要です。これらのアンケート情報は、会員ごとにカテゴライズして集約することが可能でありマーケティングに有効活用することができるでしょう。

キャンペーン管理

企業では、効果的に売り上げおよび利益を最大化させるための手法としてキャンペーンを行うことも珍しくありません。そのため、顧客がどのようなキャンペーンに申し込んでいるのかを確認し、参加情報を適切に管理する必要があるのです。

また、キャンペーンに応募している顧客とは、そのキャンペーン内容に興味があるということです。そのため、過去のキャンペーン参加情報を分析して関心を持っていそうな顧客をリストアップをすることで、非常に確度の高い営業が行えるのです。

CRMを導入すると得られるメリット3つ

CRMを導入することで、企業に対するメリットは非常に大きなものがあります。ここからは、具体的なメリットについて詳しく解説します。

 

  • 顧客情報を共有できる
  • 効率的な営業活動ができる
  • 顧客満足度を向上できる

顧客情報を共有できる

従来では、各々の営業担当者が各々の顧客を担当していました。そのため、営業担当者個人が顧客情報を管理していたため、さまざまな顧客情報を会社内において一元管理できておらず、横断的な情報展開がなされていないところがほとんどでした。

しかし、CRMシステムを導入することでその状況は一変します。CRMを活用して個々の営業担当者が顧客情報を入力することで、顧客情報は一括集約されます。顧客情報が一括集約されたデータベースには、アクセス権が設定された担当者は容易に顧客情報を確認することができるため、会社内において情報が共有されるのです。

CRMを活用した顧客情報の共有とは、各々の顧客担当以外の担当者であっても顧客に関する基本情報やこれまでの対応履歴などがリアルタイムで確認できることから、顧客に対して最適な対応を行うことができるのです。

また、顧客情報の共有に時間を割くこともありませんので本来業務に集中できるため、業務効率の改善にも寄与していると言えるでしょう。

効率的な営業活動ができる

営業活動とは、無作為に抽出した顧客および顧客予備軍に行ったとしても効果的とは言えません。時間ばかりを浪費して、徒労に終わることも珍しくないでしょう。

しかし、CRMシステムにはデシル分析・RFM分析・顧客セグメンテーション・行動トレンド分析・CTB分析などを行うことが可能である各種分析機能が搭載されています。これらの分析結果を活用して、自社製品及びサービスを購入してくれそうな顧客をリストアップすることができますので、効率的な営業活動が可能となります。

また、CRMに蓄積されているデータを分析する際にはエクセルの活用もありますが、CRMシステムに標準搭載されている分析機能であれば、分析をするために必要な設定およびCRMに蓄積されたデータの整形に時間をかける必要はありません。

これらの分析に要する手間およびコストを削減することで、営業担当者は本来業務である営業活動に専念できるため、業務効率の改善にも寄与していると言えるでしょう。

顧客満足度を向上できる

CRMシステムを導入することで、これまでと比較すると顧客分析の効率は飛躍的にアップします。そのため、これまで遺児用に最適な顧客分析ができていますので、その結果を活用して顧客1人1人に対して最適なサービスを提供することができるのです。

これは、顧客が望んでいるニーズに対して企業が適切に対応していることと言えますので、顧客満足度は大きく向上することとなるでしょう。顧客満足度が大きく向上するということは、自社製品およびサービスなどの利用が一元的なものではなくリピーターを呼び込むことにも繋がるのです。自社で新たに開発した製品およびサービスについても、顧客満足度が高ければ成約率も必然的に向上します。

このように、顧客満足度の高さとは新規製品およびサービスの購入にも繋がることから、正のスパイラルを生み出すことができるのです。

CRMの導入する際に注意点しておくべきこと2つ

CRMの導入に伴うメリットは上述したとおりであり、さまざまなメリットがあります。しかし、CRMを導入するための注意点などもあるため、それらについても正しく認識しておかなければなりません。ここからは、CRMの導入時の注意点について詳しく解説します。

 

  • 導入コストがかかる
  • 運用フローの定着までコストがかかる

導入コストがかかる

これまで導入していなかったCRMシステムを導入するためには、どうしても導入時のイニシャルコストが発生します。

また、導入時におけるイニシャルコストも必要ですが、CRMを運用するにあたって必要となるランニングコストも発生するのです。これらは高額なコストとしてCRM導入時および導入後に必要となることから、注意が必要です。

さらに、CRMシステムの種類は各メーカーが提供しているためさまざまです。CRMに搭載されている機能についても各メーカーごとに特色があるものとなっています。多機能であればあるほど、CRMの導入時および導入後のイニシャルコストとランニングコストが多額となります。

そのため、自社にとってCRMを導入する際にどのような目的を持ってどのような機能が搭載されている物を選択すべきか明確化しておく必要があるのです。そのうえで、CRMシステムを相対的に比較検討して選択するようにするのが良いでしょう。

運用フローの定着までコストがかかる

CRMシステムとは、導入するだけでは売上および利益を最大化するという目的を達成できるわけではありません。まずはCRMの基本情報ともいえる顧客情報を営業担当者に入力してもらう必要があるのです。この基本情報が入力されていなければ、CRMシステムを適切に運用することはできません。そのため、営業担当者において顧客情報を入力するためのフォーマットを策定する必要があるのです。

また、CRMシステムを運用するためのフローも必要となるでしょう。企業によっては、CRMシステム導入前から顧客情報管理を行っていたところもあるでしょう。CRMシステムを導入した際は従来の運用フローから新しい運用フローへとスムーズに移行させる必要があるのです。

新旧フローにおいて、スムーズに運用を切り替えることができれば良いですが、切り替えに時間を要することとなると時間と労力が必要となります。

そのため、CRMシステムを定着させるまでに要する時間とコストが発生することを理解しなければなりません。

CRMシステムを導入することで大きなメリットを得られるため、企業によっては是が非でもCRMシステムを導入しようとする動きが活発化していますが、CRMシステムの導入だけに捉われていると失敗の原因となってしまうため注意が必要です。それは、CRMシステムを導入することそのものががゴールとなってしまっているからです。

また、CRMシステムを導入した後の目的が明確化されていないことも失敗の原因となるでしょう。まずは、CRMシステムを導入することの目的をしっかりと認識しておくことが大切です。CRMシステムを導入したあとの運用についてもしっかりと考えておかなければなりません。導入後は会社内においてしっかりと浸透するようなマニュアル整備やサポート体制を構築しておかなければならないのです。

このように、CRMシステムでは運用から定着までに時間とコストがかかることをしっかりとご理解頂きたいと思います。

おすすめのCRM比較30選

顧客管理システム

cyzen(顧客管理システム)

レッドフォックス株式会社

顧客管理システム

cyzen(顧客管理システム)

レッドフォックス株式会社

レッドフォックス株式会社のcyzenは、スマホで使える営業活動管理アプリです。直感的な操作でスピーディに反応するので、使いやすいと評判です。GPS機能などを活用し、営業・現場の活動を可視化します。写真付きの報告書を音声入力やカメラ読み取り入力で簡単に作成することができるので、地図上で顧客に関する情報が一目で分かります。外回りの活動を最大限効率化できるツールとして2022年時点で300社以上に導入されています。

  • 正確な活動状況を可視化し、営業活動を俯瞰して把握できる
  • 報告書を共有し、コミュニケーションを活発化
  • 写真とスポットを関連付けて管理し、情報を整理
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 外部サービス連携 営業推進管理 レポート機能 ウェブチャット生成 スコアリング スケジュール管理 SFA・MAとのシステム連携 顧客対応管理 ファイル共有 ダッシュボード 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

いえらぶ顧客管理システム

株式会社いえらぶGROUP

顧客管理システム

いえらぶ顧客管理システム

株式会社いえらぶGROUP

株式会社いえらぶGROUPのいえらぶ顧客管理システムは、顧客情報の管理と追客を効率化することで、より手厚い顧客対応を可能にする、不動産専門の顧客管理システム(CRM)です。追客業務の効率化と、来店率アップを実現し、顧客管理システムがあれば、顧客ごとの希望条件や対応履歴を簡単に把握できます。さらに、メール送付のような定常業務を自動化&最適化し、空いた時間を追客に使うことで、来店率アップにつながります。

  • 追客業務の手間を劇的に削減、顧客情報・追客状態がひと目で分かります
  • 感度の低い顧客層を来店・内見につながります
  • データを分析することで利益を最大化させます
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 シナリオ作成 顧客対応管理 
推奨環境 なし 
サポート メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

commmune

コミューン株式会社 (Commmune Inc.)

顧客管理システム

commmune

コミューン株式会社 (Commmune Inc.)

コミューン株式会社のcommmuneは、顧客を中心としたプラットフォームを提供する顧客管理システムです。カスタマーサクセス支援機能、コミュニティ機能、セキュリティ機能などが備わっています。顧客のコミュニティを活用できるのが特徴です。また、多様なプランがあり、導入企業様の要望や利用方法に合わせた最適なプランと料金を選択できます。充実したサポート体制も魅力の一つで、システムを導入するまでの間、一貫して専任のサポートが伴走します。

  • 顧客から企業へのコミュニケーションツールを集約
  • コミュニケーション活性化で顧客のニーズ把握・課題解決へ
  • データ分析を活かし最適な顧客アクションを提案
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 外部サービス連携 営業推進管理 アラート管理 顧客対応管理 SFA・MAとのシステム連携 スケジュール管理 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信小売・流通広告・放送・出版
よく導入している企業の規模
101名-300名301名-1,000名6名-20名

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

coorum

株式会社Asobica(Asobica, Inc)

顧客管理システム

coorum

株式会社Asobica(Asobica, Inc)

株式会社Asobicaのcoorumは、顧客コミュニティ・カスタマーサクセスプラットフォームシステムです。企業と顧客、顧客同士がつながる場を提供しコミュニティ内での情報交換を活性させることで、顧客の早期課題解決や新たな課題の抽出ができます。また、顧客分析によって顧客の課題を可視化することで顧客へのアクションを適切に行い、顧客の解約防止・につなげることが可能です。顧客コミュニティを軸にし顧客分析から課題改善まで一貫して実現できる機能は、coorumの大きな特徴です。

  • 既存顧客のコミニティサイトをノーコード構築
  • 2 顧客のコンテンツ・イベント・キャンペーンの一元管理
  • 顧客分析によるサービス解約防止や満足度向上の要因を可視化
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 メール配信機能 外部サービス連携 顧客対応管理 SFA・MAとのシステム連携 スケジュール管理 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
金融IT・情報通信小売・流通
よく導入している企業の規模
1,001名以上1-5名不明

この製品の導入事例掲載数6

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

LIBERO

株式会社ギブリー (Givery, Inc.)

顧客管理システム

LIBERO

株式会社ギブリー (Givery, Inc.)

株式会社ギブリーのLIBEROは、LINEマーケティングの効果を最大化するCRMです。シリーズ累計700社を超える導入実績や1000社を超える支援実績があります。友だちの状況を把握し、データに基づいたメッセージ配信や1to1対応で、見込み顧客の育成から既存顧客のファン化まで行います。メッセージ配信のCTR5倍増加、友だちのブロック率55%減少、年間配信コスト200万円削減など、多数の成果をあげています。さらに経験豊富なコンサルタントがアカウントの設計から施策改善までもサポートします。

  • 配信から顧客管理まで豊富な機能で費用対効果を向上
  • 個別カスタマイズで企業の要望を柔軟に対応
  • 専任コンサルタントが導入から運用までを総合サポート
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 レポート機能 リード管理 広告連携 外部サービス連携 ウェブチャット生成 顧客対応管理 SFA・MAとのシステム連携 フォームの自動生成 ダッシュボード 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 12か月
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

WEBCAS CRM

株式会社WOW WORLD

顧客管理システム

WEBCAS CRM

株式会社WOW WORLD

株式会社WOW WORLDのWEBCAS CRMは、顧客管理システムです。最新の顧客情報とお客様の反応をもとに、一人ひとりに合った最適なコミュニケーションを「かんたんに」行うためのクラウド型マーケティングプラットフォームです。顧客データベースの作成、顧客管理」「会員登録フォームの作成」「データベースを参照したメール配信」「Webアンケート」などの機能がすべて搭載されています。オプションでSMS配信やLINE配信、外部システム連携も可能です。

  • CRMの基盤であるデータベース作成が手軽に構築できる
  • 多様なWeb登録フォーム作成も思いのまま
  • Webアンケート/キャンペーンフォーム作成
  • 「重要な伝達事項を確実に伝えたい!」そんなシーンで活躍するのがSMS
  • 外部システム連携した高度なOne to Oneメールマーケティング
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 顧客対応管理 フォームの自動生成 メール配信機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 6か月
よく導入している業種
その他金融旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
不明1,001名以上

この製品の導入事例掲載数6

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

Visionary

株式会社フュートレック

顧客管理システム

Visionary

株式会社フュートレック

株式会社フュートレックのVisionaryは、顧客管理システムです。顧客データベースを集約して活用できる統合型CRMソリューションです。顧客管理から各種施策、効果検証までワンストップで実現できます。多様な周辺システムからデータを集め、簡単にセグメントに分類できます。豊富なマーケティング施策を実施できる機能を取り揃えています。顧客管理を実現する上で必要な機能だけを選択できます。ニーズに合わせてムダなく最適な顧客管理基盤の構築が可能です。

  • 顧客データベースを集約して活用できる統合型CRMソリューション
  • 低価格で小規模システムを、従量課金型サービスでご提供
  • かゆいところに手が届く「ちょうどいい」ツールです
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 メール配信機能 RFM分析 
推奨環境 PCブラウザ スマートフォンブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通その他旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
不明1,001名以上

この製品の導入事例掲載数6

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

GENIEE SFA/CRM(顧客管理システム)

株式会社ジーニー

顧客管理システム

GENIEE SFA/CRM(顧客管理システム)

株式会社ジーニー

株式会社ジーニーのGENIEE SFA/CRMは、定着率99%でだれでも”使える”を強みとする国産SFA/CRMです。だれでも使えるシンプルな管理操作画面なので、「設定」「入力」「分析」が直感的に使えます。経営層レベルでの予算に対する進捗確認はもちろん、チーム毎のKPI管理など営業現場でもしっかりSFAを活用することができます。低価格かつ多機能で導入でき、無駄なコストをかけずに業績向上や経営改善が図れます。

  • 機能とプランのバランスが抜群、低価格で多機能
  • 組織定着にはまず使われることが大前提。親しみやすいシンプルな画面
  • 運用開始が短期間で可能、平均1ヶ月で運用開始できます
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 顧客管理 商談管理 プロセス管理 名刺管理 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
IT・情報通信小売・流通広告・放送・出版
よく導入している企業の規模
不明

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

サスケ

株式会社インターパーク

顧客管理システム

サスケ

株式会社インターパーク

株式会社インターパークのサスケは見込顧客の獲得・育成に適した営業活動支援型の顧客管理システムです。サービスの利用意欲の高い顧客の発掘や展示会サポート機能が特徴です。また、前身の「テレアポ職人」を引き継いでいるため、新規顧客の開拓を電話営業メインでおこなっている企業におすすめです。当システムは機能が多くありますが、必要な機能のみ追加して利用できるので、低コストかつ使いやすくカスタマイズできるのも魅力的な顧客管理システムです。

  • インサイドセールスなど新規見込顧客の獲得に特化
  • アウトバンドセールスの電話営業支援に最適
  • 充実したオプション機能のカスタマイズが可能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 営業推進管理 外部サービス連携 顧客対応管理 スコアリング アラート管理 リード管理 メール配信機能 ダッシュボード 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造人材サービス
よく導入している企業の規模
1,001名以上

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

チャネルトーク(顧客管理システム)

株式会社 Channel Corporation

顧客管理システム

チャネルトーク(顧客管理システム)

株式会社 Channel Corporation

株式会社Channel Corporationのチャットツール チャネルトークは、85,539社以上のユーザーから選ばれている日本最大級の契約数を誇る顧客管理システムです。Webチャット機能をを主軸としたツールで直感的に操作ができ、使いやすさとなじみやすさに定評があります。顧客からの問い合わせ対応もチャットで行う為、その手軽さから顧客満足度やリピート率をUPさせた実績が多数ある革新的なツールです。

  • Webチャット機能による柔軟な顧客サポート
  • 顧客管理を効率化させるCRMマーケティング
  • ビジネスチャット機能により顧客の声を社内で共有
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 顧客対応管理 ウェブチャット生成 シナリオ作成 フォームの自動生成 メール配信機能 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

Discoveriez

株式会社ジーネクスト

顧客管理システム

Discoveriez

株式会社ジーネクスト

株式会社ジーネクストのCRMシステム Discoveriezは日本トレンドリサーチ調査 「DXツール」3部門で1位を獲得したユーザーから高い満足度を獲得しているCRMシステムです。また、顧客の要望を商品開発や業務効率化に活かせる機能が充実しており、クレームの削減やサービス・製品の改善に役立てる事も可能です。クレーム対応やリスクマネジメント施策等、顧客対応業務に重要な要素が豊富に搭載されているCRMシステムです。

  • 顧客の声を集約し一元的に管理
  • アラート機能により自動で商品・サービスの異常を見える化
  • 直感的に使いやすく自由にカスタマイズ可能な画面
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 レポート機能 外部サービス連携 アラート管理 顧客対応管理 メール配信機能 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
その他旅行・宿泊・飲食
よく導入している企業の規模
不明

この製品の導入事例掲載数5

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

actionlink

株式会社アドブレイブ

顧客管理システム

actionlink

株式会社アドブレイブ

株式会社アドブレイブのCRMシステム「actionlink」は、食品メーカーやアパレルメーカー等、幅広い業界で導入実績があり、顧客の掘り起こし5%増加やリピート売上15%増加等、売上増加の実績があるシステムです。中でもAIによる顧客への商品レコメンドメール機能や効果を検証する機能等、業務の効率化だけではなく売上の増加につなげる為のサポート機能も豊富に搭載されており、顧客基盤の構築と継続的な事業成長の実現をサポートするCRMシステムです。

  • 顧客一人ひとりに最適化したメッセージを自動的に配信
  • 顧客中心のデータ基盤を構築しリピート率UPを実現
  • 万全のサポート体制
ソフト種別 なし 
基本的な機能 レポート機能 顧客対応管理 シナリオ作成 メール配信機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

FastHelp5

テクマトリックス株式会社

顧客管理システム

FastHelp5

テクマトリックス株式会社

テクマトリックス株式会社のFastHelp5は、コンタクトセンターCRMシステムの中でも大手製薬会社やIT関連企業で導入実績があり、業種・業界問わず、多種多様な企業様に採用されている汎用性の高いシステムです。また、数席から数千席までの席数拡大やセンター増設等、様々な規模のコンタクトセンターに対応可能です。回答支援機能やレポート機能等、機能も豊富に搭載されている為、業務効率化が図れるコンタクトセンターCRMシステムです。

  • セルフカスタマイズ機能により自分好みの画面に設定可能
  • アラート機能により顧客対応の漏れを防ぐことが可能
  • 問い合わせにスムーズに回答する為の回答支援機能を搭載
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 レポート機能 ワークフロー 外部サービス連携 ウェブチャット生成 アラート管理 顧客対応管理 メール配信機能 
推奨環境 PCブラウザ Windowsアプリ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通金融建設
よく導入している企業の規模
1,001名以上

この製品の導入事例掲載数4

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

Growwwing

株式会社ユニリタ

顧客管理システム

Growwwing

株式会社ユニリタ

株式会社ユニリタのGrowwwingは、世界No.1 のCRMであるセールスフォース・ドットコム社が提供するSalesforceプラットフォーム上で稼働しており、政府や大手金融企業の顧客システムにも採用される堅牢なセキュリティを保っています。また、Growwwingのサポートは電話サポートの他、対面によるサポートやセミナー等、手厚いサポート体制を整えている為、安心して利用できるカスタマーサクセス管理ツールです。

  • データ連携の簡易化による生産性・業務効率の向上
  • カスタマーカルテ機能により顧客の状況を一元的に管理
  • 組織の成熟度に合わせた利用者への豊富な支援体制
ソフト種別 なし 
基本的な機能 営業推進管理 レポート機能 外部サービス連携 顧客対応管理 SFA・MAとのシステム連携 ファイル共有 ダッシュボード タスク管理 スケジュール管理 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

CRMシステム MOTCloud

株式会社バルテック

顧客管理システム

CRMシステム MOTCloud

株式会社バルテック

株式会社バルテックのCRMシステム MOTCloudは、名刺情報や顧客情報、商談の履歴管理など営業支援機能に特化したCRMシステムです。MOTCloudはクラウド型ソフトである為、外出先でもスマートフォンやPCで商談履歴を確認でき営業活動のサポートツールとして活用できます。また、観光業や建設業、病院等業種・業界問わず導入実績があり、さまざまな業界の職務環境に柔軟に対応できる汎用性の高いシステムです。

  • MOT名刺機能による顧客情報の共有化が可能
  • 営業支援機能によりリアルタイムで商談状況の確認が可能
  • オプションで勤怠管理も可能
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 営業推進管理 顧客対応管理 ダッシュボード スケジュール管理 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

F-RevoCRM

シンキングリード株式会社

顧客管理システム

F-RevoCRM

シンキングリード株式会社

シンキングリード株式会社のF-RevoCRMは統合型顧客管理システムです。営業管理やマーケティング等と顧客情報を紐づけることで、顧客を中心としてサービスを一元管理できます。顧客の課題を把握しやすくなり、適切なサポートをすることで顧客満足度を向上させることが可能です。また、リアルタイムの顧客情報が紐づくことで、営業担当者が顧客のニーズを把握しやすくなり新規顧客の獲得につながります。ビジネス全体の業務効率を最大限に引き出せるのが魅力の顧客管理システムです。

  • 顧客情報を中心とし、全サービス情報の可視化へ
  • ライセンス費用不要でシステムの低コスト低負担を実現
  • 環境依存なし!拡張性と規模拡大で各システムと連携可能
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 外部サービス連携 営業推進管理 レポート機能 ワークフロー リード管理 顧客対応管理 ダッシュボード タスク管理 SFA・MAとのシステム連携 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
よく導入している企業の規模

この製品の導入事例掲載数0

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

eセールスマネージャーnano

ソフトブレーン株式会社

顧客管理システム

eセールスマネージャーnano

ソフトブレーン株式会社

ソフトブレーン株式会社のeセールスマネージャーnanoは、総合満足度No. 1 eSM Remix Cloudの個人少人数チーム向け営業支援システムです。一名から利用可能で、少人数間での顧客情報共有や名刺管理など営業支援・顧客管理機能が備わっています。サポート機能も備わっており、スマホアプリの利用もできます。機能が充実していて使いやすいのが魅力のシステムです。また、当システムは導入のしやすさも特徴で、即日利用、初期費用は0円で月額1,000円からと最低限の費用から始められます。

  • 高機能かつ簡単でわかりやすい、無駄がない顧客管理システム
  • 圧倒的な使いやすさとマルチデバイス対応可
  • 充実したサポートで導入〜定着まで安心フォロー
ソフト種別 クラウド型ソフト オンプレミス型ソフト 
基本的な機能 営業推進管理 外部サービス連携 顧客対応管理 スケジュール管理 シナリオ作成 ダッシュボード リード管理 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
広告・放送・出版IT・情報通信
よく導入している企業の規模
21名-50名51名-100名

この製品の導入事例掲載数2

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

eセールスマネージャーRemix MS(顧客管理システム)

ソフトブレーン株式会社

顧客管理システム

eセールスマネージャーRemix MS(顧客管理システム)

ソフトブレーン株式会社

ソフトブレーン株式会社のeセールスマネージャーRemix MSは、中小企業専用の顧客管理システムです。IT担当者がいない企業でもすばやく導入でき、設定等も簡単にできる点が特徴です。また、トライアル期間を設けているため、初めて顧客管理システムを検討している企業も気軽にお試しいただけます。顧客管理にとどまらず、営業管理や社内外SNS、データ分析と多くの機能があり、オールインワンで利用できます。高機能ですが月額3,500円からと低コストなのも魅力のシステムです。

  • 総合満足度No. 1である顧客管理システムの中小企業版システム
  • 簡単な設定で、使いやすいようにカスタマイズが可能
  • 豊富な機能で低コスト、オールインワンで課題解決
ソフト種別 なし 
基本的な機能 営業推進管理 レポート機能 顧客対応管理 スケジュール管理 ファイル共有 タスク管理 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
製造IT・情報通信
よく導入している企業の規模
101名-300名301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数4

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

Advertising and Customer Experience

日本オラクル株式会社

顧客管理システム

Advertising and Customer Experience

日本オラクル株式会社

日本オラクル株式会社のAdvertising and Customer Experienceは、広告・マーケティング・営業・顧客プラットフォーム等のサービスが連携されている顧客管理システムです。各サービスが連携しているため、顧客へ対応から営業の体制強化まで幅広いサポートができる点が特徴です。体制を強化しさらなる顧客満足度向上や顧客取得が期待できます。また、顧客と企業の接点から対応、課題の可視化することができるため、新規顧客の獲得から既存顧客の解約防止までオールインワンで管理が可能です。

  • 広告サポートを用いて広告効果最大化へ
  • マーケティングツールによる顧客満足度の向上
  • 営業サポート機能によって顧客と企業の結びつき・営業体制の強化
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 営業推進管理 リード管理 顧客対応管理 広告連携 タスク管理 スケジュール管理 
推奨環境 PCブラウザ iOSアプリ Androidアプリ 
サポート 電話 メール チャット 
トライアル 無し
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通IT・情報通信
よく導入している企業の規模
51名-100名101名-300名301名-1,000名

この製品の導入事例掲載数3

この製品の導入事例を見る

顧客管理システム

Synergy!

シナジーマーケティング株式会社

顧客管理システム

Synergy!

シナジーマーケティング株式会社

シナジーマーケティング株式会社のSynergy!は、伝えたいマーケティングメッセージを、顧客にきちんと届けるための、クラウドベースの国産統合顧客管理(CRM)システムです。本当に必要な機能だけを厳選し、成果につながる製品を目指しました。集客、顧客情報の統合・一元化、クロスチャネル・メッセージング、分析まで、CRMのあらゆる活動を支えるシステムです。ITreviewのCRM部門で10期連続の受賞となります。

  • CRM活動の全ての基盤となる顧客データベース
  • 使いやすさを徹底的に考えた操作画面デザイン
  • 個人情報を安心して扱える堅牢なセキュリティ
  • 顧客の「なぜ」や「何を」といった理由や動機を理解する
ソフト種別 クラウド型ソフト 
基本的な機能 レポート機能 広告連携 外部サービス連携 シナリオ作成 SFA・MAとのシステム連携 フォームの自動生成 メール配信機能 
推奨環境 PCブラウザ 
サポート 電話 メール 
トライアル 有り
最低利用期間 最低利用期間の制限なし
よく導入している業種
小売・流通IT・情報通信卸売
よく導入している企業の規模
不明301名-1,000名51名-100名

この製品の導入事例掲載数8

この製品の導入事例を見る

自社に合ったCRMを導入して、売上・利益を最大化しましょう

ここまで、CRMの概念・管理できる機能・メリット及びデメリットなどについて解説しました。CRMシステムを導入することで、従来までとは違ったマーケティングプランを展開することができるでしょう。

また、これからの時代の変化にも柔軟に対応できる経営戦略を構築することができますので、さらなる売上および利益の最大化が期待できるのではないでしょうか。是非とも、CRMシステムの導入を検討されることを強くおすすめします。

製品をカテゴリーで
比較しながら探す

全て見る